成果を出すためのストレス耐性の高め方

仕事や職場の人間関係などでストレスを抱えてしまう人も多いだろう。採用や人材育成の場では、近年ストレス耐性の有無が重要視されている。メンタルが弱い人ほど離職につながりかねないからだ。

ストレス耐性は、主に6つの要素に分けられる。それは、感知能力・回避能力。処理能力・転換能力・経験・容量だ。これらの要素がストレスの原因となるストレッサーにどのように関わってくるかでストレス耐性が決まると言えるだろう。

ストレス耐性を高めるためには、まず何よりも自身の健康が一番重要となる。そのためには、栄養バランスの良い食生活にすることが大事だ。
また、質の高い睡眠を確保することも能力を発揮しやすくなるポイントとなる。心と身体がリラックスする状態をつくることも大切だろう。ゆっくりと深い深呼吸を行うことでリラックスした状態をつくることができる。あとは、ストレッチや適度な運動、身体を温めることなど、心身の調子を整えるための行動がキーポイントとなるだろう。

要は、自分と向き合い、自分のためだけの時間をどれだけ作れるかがストレス耐性を高めるための近道と言えるかもしれない。