自分のやりたい仕事を見つける方法

仕事を探すとき、自分が本当にやりたいことは何かを考えておくことが大切だ。それを考えずにただ仕事探しをしても、なかなか合う場所が見つからず時間がかかってしまうためだ。

自分のやりたい仕事を見つけるためには、まず自分の性格や興味のあることなどを知る必要がある。一人で自分のことを見つめ直す時間を作ったり、今までの経験を振り返ってそれを活かせる仕事について考えるのもいいだろう。
一人だけでは答えが出なかった場合、家族や友達に客観的に見た自分の性格を教えてもらったりするとよりスムーズだ。

その中で仕事の分野や種類がある程度絞られてきたら、実際にその仕事に関わる場所に出向いてみると自分の働いている姿をイメージしやすくなる。イメージすることで、ワクワクを感じられたりさらに興味を持つようになったら、その仕事が向いていると言えるだろう。

また、様々な分野で働いている知り合いに話を聞くという手もある。実際に働いている人の話は、ただインターネットなどで情報を調べるよりも詳しく、よりリアルな声が聞けるだろう。
良い点だけではなく、悪い点も含めて聞くことで、冷静な視点でその仕事への理解を深められる。興味を持てた仕事があれば、説明会に参加してみたり実際に働いてみたりするのもいいだろう。
調べるだけでは分からないことでも、実際に経験することで本当に自分がやりたかったことは何かということに気付くことができる。

※やりたいことを探すヒントはこちらにも>>http://www.careerchange-jp.com